悪魔の塔と呼ばれる聖地へ

Devils Tower アメリカ【USA】

Devil’s tower は、もともとネイティブアメリカンが聖なる地としてBear lodgeと呼んでいた。

そこに、どっかの白人がやってきて名前を変えてしまったんだとか。おいっ!

 

ネイティブアメリカンの間ではいろんな言い伝えのあるこの地。

その言い伝えの中には、よく、少女がクマになってしまう話が出てくる。

なんだかよくわからないけど、クマになってしまい、兄妹を襲ったりするのだ。

 

言い伝えの一つでは、クマになった少女に襲われた7人の子供たちが、ある岩に飛びついて、

お願い!助けて!と懇願したら、かわいそうに思った岩が子供たちを乗せてどんどん上に伸びていき、

クマになった少女は子供たちめがけて何度も飛びついてその岩に引っかき傷をつけた。

雲を突き抜けていったその子供たちは7つの星になり、それが、今の昴星となったとか。

そうして、できたのが、Bear lodge.

今はDevil’s towerと呼ばれているこの奇妙な形の岩だ。

 

実際のところは、というと、

2億年前にマグマが活動し、それが冷えて固まり長年の侵食によって地表に現れた岩頸とされている。

塔の周りを一周できるトレイルがお勧め。

デビルズタワーは、ロッククライマーの聖地でもある。

年間4000人もの人がクライミングに訪れるんだとか。

特に許可証などは必要なく、登る前に、落ちて死んでも自己責任ですよーっていう紙にサインするだけ。

 

ちなみに、ネイティブアメリカンの中にはこの聖地を登ることに大反対の人も多いらしい。

そりゃそうだよね。

 

この日も2人、クライマーがいた。木の間の下の方に見える二つの影。

休憩中。

息子もクライミングしてみる(親バカです)

塔に行く途中、プレーリードッグがたくさん住んでいる広場がある。

か、かわいすぎるっっ!!!

人間に慣れてるのか、結構近寄っても逃げない。

でも、ペストを持っている危険があるので絶対に触ったりしないように。

私たちは、Devil’s towerから10マイルほど北に行ったヒューレット(Hulett)という町に宿を取った。

なんだかウエスタ―ンな感じで可愛い町。

なんにもないけどね!

 

さてさて、次はサウスダコタへ!!

 

Comments

タイトルとURLをコピーしました